オーガニックタオル

ギフトとして人気の高い、オーガニックコットンを使用したふわふわした肌触りが自慢のオーガニックタオルに関する情報をお届けします。

日本オーガニックコットン協会副理事長の講演

11月27日たおるまんは大阪に行きました。目的の一つは日本オーガニック協会の副理事長の講演(兼展示会)です。それとくすばしタオルのコットンエコ加工:新バイオ精練の紹介です。講演のなかでとても衝撃的な話がありましたので一部紹介します。

<落葉剤:枯葉剤の一種>
先進国の大規模綿花農場では綿花の収穫前に落葉剤を使って葉を落としてから機械で綿花を収穫します。米国テキサスは砂漠地帯で灌漑用水で栽培しています。そしてそのような薬品を含んだ排水を処理するための池があるそうです。なんと処理方法は天日で蒸発させるんだそうです。池の周囲には柵があり「何人も柵内に立ち入らぬ事、立ち入った場合の責任は一切負わない」と書いてあり、池の周囲は草1本生えていない不毛地帯になっている。つまり危険な薬物による土壌汚染であり、乾燥状態で強風で飛散すれば汚染が拡大する危険もあります。と言う話です。(後進国では手摘みが多い)

<GMO:遺伝子組み替え綿花>
殺虫剤や除草剤に強い綿花、少ない水で栽培できる綿花、湿度に強い、などなど幾種類もあり、先進国では80〜90%がGMOだそうです。

<児童労働>
インドでは多くのハイブリッド(交配)綿が使われています。おしべの花粉を違う種類のめしべに手作業で付けて受粉させます。その作業は6〜14歳の初潮前の女の子だそうです。「だからPUREなんだ」なんていう変なアピールをしている。そんな女の子の収入は大人の半分です。経営者にとっては一挙両得です。インドで児童労働者数は40万人いるそうです。

みなさん、どう思いますか?

<講演会場:日本綿業倶楽部>
昭和7年の建造です。重要文化財に指定された建物です。日本綿業振興会はこの中にあります。

PICT0033.JPG

PICT0034.JPG

<ついでに御堂筋風景>
すっかり色づいた御堂筋のイチョウ並木です。

PICT0032.JPG

更新時間: 2009年11月30日 17:46

posted by kusubashi at 17:46 | タオル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくろうだらけの割烹

20日の夜久しぶりにたおるまんの野菜作りの師匠である白石さんと会食しました。師匠の畑には立派な作業小屋があり大きい温室もありプロ顔負けです。野菜だけでなく果物もつくっており、特に桃は超一流の味、絶品です。
ところで会食したのは田むらという割烹です。価格もリーズナブルですし、キャラが明るいのが最大の特長です。いつもおじさんやおばさん(時にはやや若いめのお客さんも)でにぎわっている居心地のいいお店です。ブログを書き始めたたおるまんはその時もデジカメを携行しておりました。なのでいくつか写真を添付します。

<かわいい器です>
たおるまんが器を撮影していると画面にニューッと侵入してきたオカミサンです。キャラまるだしデス。
PICT0007.JPG

<ふくろう>
カウンターに座って後ろを見るとふくろうだらけです。ふくろうは首がぐるりと回ることで、金欠で首が回らなくなるという事がない。とか福籠と書いて福が宿るとか言っておめでたい鳥なんだそうです。招き猫の鳥バージョンですかね。
PICT0009.JPG

PICT0010.JPG

PICT0016.JPG

<ぐいのみ棚>
こんなのもあります。これで飲みたいといえば選べる? または常連客が持ってきたか?
PICT0017.JPG


更新時間: 2009年11月21日 18:00

posted by kusubashi at 18:00 | タオル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機栽培について

<有機(オーガニック)栽培について>
たおるまんは3年前から小さい家庭菜園で有機栽培の野菜を作っています。作りながら思うのですが、こんな小さい畑でも青虫、毛虫、根きり虫、バッタ、なめくじなどの駆除でおおわらわになる。本職の農家の広い畑で有機栽培するのは並大抵の苦労ではないだろう、と つくづく考えさせられます。
栽培を始めた頃はミミズはいませんでしたが今はおります。有機栽培は苦労があるけど土壌の為にはいいんですね。たおるまんは堆肥に牛糞、鶏糞、馬糞、油粕、腐葉土などを使っています。一般には牛糞や鶏糞が多いようです。
先日こんな話を聞きました。「有機栽培はたしかに環境(特に土壌環境)に良い栽培方法だ。しかし主な肥料は動物の糞である。ということは土地を肥沃にしつつ様々な菌(バクテリア)を育てる。当然有害なばい菌も育てるがく〜(落胆した顔)(無機は菌を育てない)。だからサラダなど生で食べる時はきちんと洗って(水洗いでなく、洗濯して)食べる方が良い」とのことです。確かに危険な消毒薬の残留はないはずですが、代わりにばい菌に気をつけないといけないようです。
たおるまんは「そうなんだひらめき!ということはくすばしタオルが販売しているさとうきびヤシの恵み洗ざい」がぴったりだ。これは是非オーガニック野菜洗いに最適だということをお知らせしなければ、と思った次第です。
皆様にお断りしますが、洗剤があるから上記の話をブログに書いたのではありませんよ。あくまで上記の話しを聞いてブログに書こうと思った時、有機野菜を洗うのにはこの洗剤がぴったりではないかと気付いたのです。意識的に洗剤に誘導したとお考えにならぬようお願いします。ナンテあまりくどく言うと逆効果ですねわーい(嬉しい顔)

ここで洗剤の出番です。確かに野菜も記載しています。
PICT0002.JPG

PICT0003.JPG

更新時間: 2009年11月20日 14:58

posted by kusubashi at 14:58 | タオル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール紹介

たおるまん

たおるまん

タオルやに身をおいてあっという間に ウンー10年、光陰矢の如しであります。ブログを書くに当たって初めて自分の名前を自分が命名することになり大いに戸惑いました。私の大分の友人がハーブマンと称してブログを書いております。なかなか良い名前なので参考(パクリ?)にさせて頂き「たおるまん」とさせて頂きます。

プロフィール詳細

カレンダー

2009年00月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。