オーガニックタオル

ギフトとして人気の高い、オーガニックコットンを使用したふわふわした肌触りが自慢のオーガニックタオルに関する情報をお届けします。

春です。

みなさん、こんにちは。

最近たおるまん家の小庭にも春の息吹が感じられるようになり

なんとなく楽しいようなうきうきするような気分です。

春の息吹といえば若葉もその一つですね。

では若葉というより若芽ですかね?IMG_6186.JPG

IMG_6187.JPG

IMG_6188.JPG

IMG_6190.JPG


花もですね。利休梅が咲きました。IMG_6203.JPG

その他IMG_6202.JPG

IMG_6177.JPG

IMG_6176.JPG

今治地方も桜が咲き始めました。三分咲きくらいですかね。

この日曜日には見ごろになりそうです。

お弁当もって花見にいこうかな。















更新時間: 2013年03月27日 13:47

posted by kusubashi at 13:47 | タオル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふうふ & おやこ

みなさん、こんにちは。

今日は一組の「ふうふ」と二組の「おやこ」を紹介します。


では「ふうふ」の夫からIMG_6162.JPG

先日「梅にウグイス」ではなく 「梅にメジロ」を紹介しましたが、

これは「梅に鳩」ですね。今年はとうとうウグイスは来ませんでした。

先日からこの鳩はよく我が家に来ます。

そして とても人懐っこいんです。たおるまんが椅子に座っていると

とことこと足元近くまで来て、下に落ちている小さい木の実などを

ついばみます。 しかも「ふうふ」でです。

たおるまんが鳥獣無害な生き物だと認識している?としか思えない。

とことこと夫IMG_6180.JPG

続いて妻IMG_6181.JPG

夫唱婦随で彼方へとことこIMG_6182.JPG

その後は仲良く並んで
「ねーえ あなた・・・お隣のあの実はおいしそうね」
「うん そうだなー、これから食べにいこうか」
なんて話し合っているようです。IMG_6184.JPG



つぎは「おやこ」
ちいさな「こどもたち」IMG_6195.JPG

「おや」は? これですIMG_6196.JPG
小さい木ですが、なかなか子沢山です。
秋になるとけっこうきれいに紅葉します。

こちらは「ひとりっこ」IMG_6197.JPG

「おや」はIMG_6198.JPG
葉っぱはなくなっているけどもみじです。

子沢山と一人っ子の親子編でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手(パー)


更新時間: 2013年03月25日 17:16

posted by kusubashi at 17:16 | タオル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸内(海)コラボ・オリーブ日和カラー

みなさん、おはようございます。

今日は「プチオリーブ」ブランドの3タイプの一つ

「オリーブ日和カラー」を紹介します。

IMG_6039.JPG

製織:くすばしタオル・・・・・・・・・・今治
精練漂白:オリーブ精練ホワイト加工・・・今治
染め原料:東洋オリーブさん栽培のオリーブ葉・・小豆島
草木染め:森の名手・名人の染め師、村尾草染氏・・今治

このように今治と小豆島のコラボで生まれた商品です。

コラボのきっかけは2012年3月の四国産業技術大賞

表彰式の会場でした(くすばし:革新技術賞、
          東洋オリーブさん:技術功績賞)

その時にくすばしタオルではオリーブ加工が完成していたので、

小豆島オリーブと一緒になにか新商品はできないかと思い

その場で相談したところ

東洋オリーブさんは「それは面白いですね」ということで実現。

まずは最初の瀬戸内海コラボ商品が誕生したのです。

では東洋オリーブさんを紹介しましょう(2012年5月訪問時に撮影)

オリーブの花が咲き始めたIMG_5039.JPGころでした。
工場入り口・・・・オリーブです
IMG_5016.JPG

ショップと事務所です・・・古い木造を改修・素敵ですね。IMG_5012.JPG

ショップIMG_5052.JPG

5月シーズンオフの搾油機・・・・日本一の設備です。IMG_5018.JPG

IMG_5023.JPG

精製設備・・・化粧品用などのため脱酸、脱色、脱臭します。
       3階まで加工ラインがあります。IMG_5032.JPG
使用オリーブオイルはエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
(普通は食用に適さない高酸度のオイルを精製して使います。
 東洋オリーブさんのこだわりですね)

実験栽培用のオリーブ園IMG_5046.JPG

世界中からいろんな品種を探して実験栽培をしています。

地中海では大粒で収量も多い品種でも小豆島では小粒にしか育たないなど

期待したようにはなかなか育たないことも多いようで、

結論は気候風土によって全く生育が違うので栽培してみないと分からない、

つまり「氏より育ち(気候風土)」が大切なようです。

そういえば、100年ちょっと前、オリーブを日本でも栽培しようということで

三重県と鹿児島県と小豆島の3箇所で栽培実験を行ったところ

同じ品種、育て方でも小豆島だけが栽培に成功したんですね。

気候風土がオリーブ栽培にとっていかに大切かという証明ですよね。

東洋オリーブさんはオリーブ栽培も日本一(3万本強)なんですよ。

そして九電工さんが手がけている天草オリーブ園の剪定の

指導にも携わっています。

3月20日から「瀬戸内国際芸術祭」が再開します。

早く作ってこの瀬戸内海コラボの日和カラーを買っていただかなきゃ。

ひらめき瀬戸内海バンザーイ手(チョキ)







更新時間: 2013年03月13日 17:29

posted by kusubashi at 17:29 | タオル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール紹介

たおるまん

たおるまん

タオルやに身をおいてあっという間に ウンー10年、光陰矢の如しであります。ブログを書くに当たって初めて自分の名前を自分が命名することになり大いに戸惑いました。私の大分の友人がハーブマンと称してブログを書いております。なかなか良い名前なので参考(パクリ?)にさせて頂き「たおるまん」とさせて頂きます。

プロフィール詳細

カレンダー

2013年00月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。